離人症原因

離人症原因について

離人症と呼ばれる病気はその名前からは
実際にどんな症状があるのかわかりづらい病気でもあります。

 

離人症が発病するメカニズムや原因は明確にはわかっていません。

 

 

離人症の原因としては
自己認知機能障害のひとつと考えられ、
生まれ持った素因環境要因によることが推測されます。

 

つまり、先天性のものと後天性のものに別れると予測されます。

 

 

環境要因としては疲労やストレス、薬物乱用などが挙げられ、
てんかんや脳神経疾患、不安障害、気分障害、
統合失調症などと併存して現れることも多い病気です。

 

 

現実感の喪失が特徴で、
自分自身の感覚や体験が自分自身のものではないと感じられるような感じ、
周囲の人々や雰囲気を非現実的に感じるなどの特徴がります。

 

10代から20代に発症することが多く、
日本では女性に多い病気です。

 

 

 

発病の一番の原因と考えられるストレスの原因を
明らかにして減らしていくなどの対症療法以外に
明確かつ特にこの病気に効果的といわれる治療法も確立されていません。

 

 

症状自体は健康的な人であっても稀に体験するような感覚ではありますが、
強い苦痛をともない、日常生活に支障がでるような場合には治療が必要です。

 

 

誰しも経験する事と類似していると言う点から、
症状自体には長期的に苦しんでいたのにその理由を全く知らなかった、、、
などというケースも少なくありません。

 

 

これは原因も特定が難しい事でありながら、
その症状も病気であると断定できるほどのものでない事が多いのです。

 

その為、放置気味になってしまっている事もあるのです。

スポンサード リンク